Fandom


WWA Wing (だぶりゅーだぶりゅーえー うぃんぐ) は、World Wide Adventure をJavaScriptで移植したシステム。

概要 編集

Wwawing logo-second

WWA Wingのロゴ

World Wide Adventure(WWA) のシステムであるJavaとJavaアプレットの代替を目的に、2015年4月より配布された。基本的に、WWA Wingで動作するWWAについてはロゴが掲出される。

開発にはTypeScriptが利用されていて、lerna によって複数のnpmリポジトリで構成されている。

歴史 編集

開発の背景 編集

WWAで採用されているJavaアプレットは、Webブラウザ上で図を描くことが可能な反面、不正実行のリスクも抱えていた。その影響もあって、2014年1月14日にリリースされたJava 7 Update 51では、署名を持たないJavaアプレットの実行がブロックされるようになった[1]。WWAも、Javaアプレットとして署名を持っていないことから、プレイするには設定でセキュリティ・スライダを中に変更するか、WWA作品のURLを例外サイトへ登録する必要となった。また、後のアップデートではセキュリティ・スライダから中の項目が消えている。

さらに、当時普及し始めたスマートフォンではJavaアプレットをサポートせず、Webブラウザにおいても、そもそもJavaアプレットの対応を終了するなど、Javaアプレットの実行に制約が掛かったことから、WWAの特徴である「Webブラウザで手軽に遊べる」ことができなくなった。

このような状況を踏まえ、JavaScriptとCanvas2Dを利用してWWAのシステムを移植するプロジェクト「Project Wing (WWA in the next generation)」が始まった。

ただし、このプロジェクトを進めたまつゆきは前からWWAのシステムに触れ始めていて、2012年頃からHTML5のCanvas要素とJavaScriptのCanvas2Dの存在を知っていた。また、2011年には、virus.exeによってWWAを擬似的に移植したWWA for JSがリリースされたが、WWAとのマップデータとの互換性を持たなかった。

ギャラリー 編集

外部リンク編集

参考文献 編集

  1. Java 7リリースの変更 (2019年2月4日 閲覧)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。