Fandom


WWA風 (だぶりゅだぶりゅーえーふう) とはWWA作品を彷彿とさせるゲーム作品の一種。大抵の場合は、ダンジョンのWWA作品と似たゲーム作品のことを示す。

概要 編集

ケーブダンジョン を始めとするダンジョンのWWA作品 (ダンジョン系WWA) や、そのケーブダンジョンの元となった 魔法の塔 は、倒すモンスターの順番を考えながら進める方法となっていて、パズルゲームのように遊ぶことができる (→モンスター) 。

このような特殊な操作方法から、RPGツクールやWOLF RPGエディターなどの他のゲームシステムを使用したゲーム作品や、特定のゲームシステムを使用しないゲーム作品でも、これらのゲームの操作方法や戦闘方法を実装したものがいくつか存在する。このようなゲーム作品をまとめて WWA風 と呼ばれている。

大抵の場合は、これらのダンジョンのWWA作品に近いことからWWA風と呼ばれていて、ダンジョン以外のWWA作品に近いWWA風のゲーム作品はあまり存在しない。

なお、WWA作品を彷彿とさせる市販のゲーム作品として カエルの為に鐘は鳴る が存在することと、ゲーブダンジョンの元が 魔法の塔 だったため、WWA風が持つシステムを初めて取り入れたゲーム作品はWWA作品が初めてではない。

該当する作品 編集

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。