Fandom


(2章: 株取引の休館日がなかったので修正)
(2章)
65行: 65行:
 
WWA COLLECTION の続編である WWA COLLECTION 2 にも、2章が収録された。1章はマップデータの改変だったのに対し、2章は最初から作り直しをしていたと[https://twitter.com/hirarira_mp/status/1207277540680687616 説明している]。
 
WWA COLLECTION の続編である WWA COLLECTION 2 にも、2章が収録された。1章はマップデータの改変だったのに対し、2章は最初から作り直しをしていたと[https://twitter.com/hirarira_mp/status/1207277540680687616 説明している]。
   
WWA COLLECTION 2への収録にあたって、いくつかの新機能追加されている。
+
WWA COLLECTION 2への収録にあたって、いくつかの新機能追加や難易度の引出げがされている。
  +
* 1章と同じように「ボーナス」パラメーターを追加し、お金の単位を「マール」に変更
 
* ダラスステーションホテルに「お急ぎプラン」を追加
 
* ダラスステーションホテルに「お急ぎプラン」を追加
 
** こちらは、部屋の移動と夕食、就寝、朝食、エントランスへの移動をカットして泊まることができる。効率的にホテルに泊まることが可能だ。
 
** こちらは、部屋の移動と夕食、就寝、朝食、エントランスへの移動をカットして泊まることができる。効率的にホテルに泊まることが可能だ。
73行: 73行:
 
** 毎週14,000マールを支払うことで、毎日ベッドで寝ることができる。更新の期限は毎週日曜日とされていて、日曜日を迎えると強制的に部屋から退去される。
 
** 毎週14,000マールを支払うことで、毎日ベッドで寝ることができる。更新の期限は毎週日曜日とされていて、日曜日を迎えると強制的に部屋から退去される。
 
** ホテルと比べて、イニシャルコストは掛かるものの、 14,000マール/7 = 2,000マール と考えれば、充分お得と言えるだろう。
 
** ホテルと比べて、イニシャルコストは掛かるものの、 14,000マール/7 = 2,000マール と考えれば、充分お得と言えるだろう。
  +
* 家の購入額の引き下げ
  +
** 小規模の家で50万マール、中規模では100万マール、豪邸では200万マールと、手に届きやすい金額になった。
 
* ミニカジノがふくびき屋に変更
 
* ミニカジノがふくびき屋に変更
 
** なお、一部の台では当たりやすい台が存在していて、他の台とは見た目が少し異なる。
 
** なお、一部の台では当たりやすい台が存在していて、他の台とは見た目が少し異なる。

2020年1月9日 (木) 04:28時点における版

Final Stock Game(ふぁいなる すとっく げーむ)(リンク)は、ヒラリラー作のWWA。第1章から第2章(WWAで制作)は完成したものの、後続する第3章(RPGツクールVXで制作)は制作中止宣言が出され、未完のまま現在に至る。愛称は「FSG」。2018年12月20日には 1章が WWA COLLECTION に、2019年12月19日には 2章が WWA COLLECTION 2 に収録された。

概要

最後の株ゲームとして作られたWWAです。
労働生活保障所に主人公が入り
借金の返済をするところから物語は始まります・・

(引用元:新WWA集)

紹介文の通り、同氏が制作する株を扱うWWA作品の中では最後の位置づけとなる。複数章構成となっていて、それぞれの章には

  • 1章 ... 大量の借金を抱えた状態で労働生活保障所に入ってしまい、施設内での生活を余儀なくされた。
  • 2章 ... 借金の生活を返済し、労働生活保障所から無事出ることができたが、大都市ダラスの生活で家を持たない生活が始まることとなった。家の購入を目標にお金稼ぎが始まる。
  • 3章(制作中止) ... 家を所持した主人公が、様々な出会いやイベントに遭うことができる・・・つもりだった。

というストーリーが展開される。

各章について

各章で記載されている説明は、ヒラリラーのMPで公開されているものについて説明している。 WWA COLLECTION への収録については後述を参照のこと。

1章

主人公は仕事で失敗を起こしてしまい、仕事を失ったどころか、多大な借金を負ってしまった。「檻のない刑務所」と言われている労働生活保障所に入って借金の返済に向かう。

  • 施設内は管理棟と寄宿棟、労働所、中央食堂、株取引所、中庭、談話室、救護所、雑貨屋がある
    • 管理棟 ... この施設の管理を行っている。借金の返済もここで行う。
    • 寄宿棟 ... 主人公が暮らしているところ。施設内で暮らしている人からアドバイスを聞くことができる。
    • 労働所 ...寄せられている求人情報から働くことができる。日曜日が定休日。
    • 中央食堂 ... 不足している体力や空腹度を回復することができる。月曜日と金曜日が定休日。
    • 株取引所 ... 株の購入や売却ができる。木曜日が定休日で、木曜日になると手持ちの株がすべて没収になってしまう。
    • 中庭 ... 特に目立ったものは無いが、どこかに隠し要素が・・・。
    • 救護所 ... 体力が無くなった場合に搬送される。また、リセットもここで可能である。
    • 雑貨屋 ... 体力上昇剤やポーション、移動装置などが利用できる。
  • 毎日労働所で働かないと就寝することができない制約が課せられている (ただし日曜日は例外)
  • 酒やタバコ、ギャンブルは禁じられている
    • ただ、寄宿棟の中でこっそりギャンブルをしている人が...。
  • 施設内の各部屋には定休日が設けられている
    • 特に中央食堂の定休日で空腹になると、働いたり寝たりすることができず詰みになってしまうプレイヤーもいるので、注意されたい。
  • 施設の入り口付近にはレバーが存在するが、押しても反応しない

2章

負ってしまった借金を返済し、晴れて自由の身になった主人公は、大都市ダラスへ向かう。しかし、家を持たない生活となり、家の購入が急務となった。

  • 1章で禁じられていたギャンブルが可能になり、酒類もホリホリ雑貨屋で購入することができる
  • 目標は家の購入となるため、大量のお金が必要になる
    • 小規模の家でさえ150万ギル、中規模では300万ギル、豪邸になると600万ギルと、途方も無い額が要求される。
    • ただし、くじで特等を引けば、小規模の家が当たる可能性がある。運があれば、引いてみるのも良いだろう。
  • 1章に続き、株取引が利用できる
    • 休館日は無し
    • ただし、木曜日を迎えると手持ちの株が没収になる仕様はそのまま
  • 宿泊は3通り選べられる
    • 野宿 ... タダで泊まれるが、空腹度は大幅に減る上、体力も全然回復しない
    • カプセルホテル YADO ... 3,000ギルで空腹度は減るものの、体力はそこそこ回復する
    • ダラスステーションホテル ... 朝食夕食込みで8,000ギルと、ハイグレードなホテル

WWA COLLECTION への収録について

本作は、1章が WWA COLLECTION へ、2章が WWA COLLECTION 2 へそれぞれ移植されている。

1章

WWA COLLECTION への収録にあたっては、部分的に機能が追加されたり修正されたりしている。

  • 「ボーナス」パラメーターの追加
    • 元々「人気度」というパラメーターを削除して、「ボーナス」というパラメーターを持つ事となった。
    • ゲームクリア時のスコアには、このボーナスと言う値が大きく影響を受ける事となる。
  • お金の単位を「ギル」から「マール」に変更
  • ギャンブルの廃止
  • クリア画面の追加

Final Stock Game のマップデータをそのまま編集した上で移植作業を行っていた。

2章

WWA COLLECTION の続編である WWA COLLECTION 2 にも、2章が収録された。1章はマップデータの改変だったのに対し、2章は最初から作り直しをしていたと説明している

WWA COLLECTION 2への収録にあたって、いくつかの新機能の追加や難易度の引出げがされている。

  • 1章と同じように「ボーナス」パラメーターを追加し、お金の単位を「マール」に変更
  • ダラスステーションホテルに「お急ぎプラン」を追加
    • こちらは、部屋の移動と夕食、就寝、朝食、エントランスへの移動をカットして泊まることができる。効率的にホテルに泊まることが可能だ。
  • 一部商品の変更
    • 酒類が削除され、代わりに栄養ドリンクやビタミン剤、更にはゴールデン棒茄子といったアイテムが購入できるようになっている。
  • キャピタルマンションの追加
    • 毎週14,000マールを支払うことで、毎日ベッドで寝ることができる。更新の期限は毎週日曜日とされていて、日曜日を迎えると強制的に部屋から退去される。
    • ホテルと比べて、イニシャルコストは掛かるものの、 14,000マール/7 = 2,000マール と考えれば、充分お得と言えるだろう。
  • 家の購入額の引き下げ
    • 小規模の家で50万マール、中規模では100万マール、豪邸では200万マールと、手に届きやすい金額になった。
  • ミニカジノがふくびき屋に変更
    • なお、一部の台では当たりやすい台が存在していて、他の台とは見た目が少し異なる。
  • クリア画面の追加
    • 購入した家に入ることが可能で、家のグレードによってそれぞれ内装の規模が大きく異なる。

その他

  • 現在公開されている1章・2章はサツリク・ストーリー公開(2007年9月)時点で完成しており、公開まで6~7ヶ月放置されていた。もともと、この作品自体がサツリク・ストーリーのネタ切れの時に作り始められたとのこと。
  • 1章の舞台である労働生活保障所は、元々は捕虜強制収容所だったものを改装したものとなっている。

歴史

  • 2007年(平成19年)07月28日 - ヒラリラーのMP内「イベント会場」で体験版を公開
  • 2008年(平成20年)02月13日 - WWA部を公開
  • 2012年(平成24年)12月上旬 - レンタルサーバスペース関連で問題が発生したため、公開を見合わせる。
  • 2012年(平成24年)12月24日 - 修復・延命工事が行われ、再公開。また、第3章の制作中止を宣言。
  • 2013年(平成25年)09月05日 - サーバー移転に際し、mp3を使った再生に切り替え、今後はこれを標準にaudioタグに置き換える予定
  • 2015年(平成27年)05月03日 - WWA Wingに対応。
  • 2018年(平成30年)12月20日 - 1章をWWA COLLECTIONに収録
  • 2019年(令和元年)12月19日 - 2章をWWA COLLECTION 2に収録

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。