Fandom


散策 とは、Aokashiが制作したWWA作品。

概要 編集

敵を倒して金を集めて武器を買うシンプルなアドベンチャーゲーム。 目標は未踏の塔にある魔王を倒すことです。 このゲームは依頼目的ではなく主人公の趣味目的で冒険をはじめます。[1]
プレイヤーが主人公となって、モンスターを倒したりしながらお金を集めて冒険するアドベンチャーゲームである。

集めたお金は街にあるショップで武器や防具を購入したり、ステータスを強化したりすることが出来る。また、道中では列車による移動や鉱山の鉱石取得などのイベントが待ち構えている。

今作には「難易度」が用意されている。

  • ノーマル - 標準的な難易度。ゲームクリア後はランキングに登録することが出来る。
  • イージー - 体力を50, 攻撃力と防御力を8, 所持金を50 増やした状態でスタート。簡単にゲームが進められるが、ランキングには登録できない。

マップチップの更新について 編集

2017年4月からは時代に合わせたマップチップの更新が行われたが、この更新は時代に併せてWWA作品を更新するプロジェクトの第1回だった。これは元々、アートディンクの A列車で行こう3D の時代の概念に影響を受けていて、各作品に時代を設定し、各時代設定の雰囲気や世界観の歴史を感じてもらう狙いだった。

なお、要塞脱出はすでにこの時代設定を含めているため、時代設定は今作が初めて取り入れたということではない。

後に洞窟脱出2にも適用する予定だったが、実現には至らなかった。

その他 編集

  • これまで同氏のWWA作品は実験目的といった異質なWWA作品が多く、アドベンチャーゲームでも周りからの呼びかけによって冒険に出かけるものとなっていたが、今作は自発的に冒険に出かけるシンプルな形のWWA作品となった。
  • 同氏のWWA作品では初めてランキングシステムを導入した。ランキングシステムの導入は最初は崩れる床で検討されていたが、導入は見送られた。
  • 通貨はこれまでは同氏の独自通貨「場」が使われていたが、今作は「G」となっている。

歴史 編集

  • 2012年6月23日 - 公開。
  • 2014年7月31日 - 各種ファイル名を sansaku から walking に変更。
  • 2017年4月5日 - 更新[2]
    • 各種不具合の修正。
    • 時代に併せたマップチップの変更。
    • 難易度の引き下げ。

参照元 編集

  1. WWA - Aokashi Home (2019年3月2日閲覧)
  2. 散策 を更新しました - Aokashi Home (2019年3月2日閲覧)

関連項目 編集

鉱山システムを採用しているWWA作品 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。