Fandom


曖昧さ回避 WWAの機能以外における パスワード については、Google検索でお探しください。

パスワード とは、WWAの機能の1つ。

概要 編集

セーブデータを、暗号化した文字列「パスワード」として記録したり読み込んだりできる機能である。Java版では Ver 3.0 から導入された。ただし、 WWA COLLECTION では利用することができない。

これまでは WWA のセーブデータは一時データとして Quick SaveQuick Load で記録したり読み込んだりする必要がある。WWA Wing v3.4.2以前では、遊んでいるWWAのページやブラウザを閉じてしまうとその一時データは消えてしまう。

パスワード機能では、セーブデータを文字列に記録することで、一度ブラウザを閉じても、その後の再開で記録したゲームデータを利用することが可能である。

この他にも、ゲームオーバー時にURLゲートを利用して他のページに遷移されるWWA作品では、 Quick Save の代わりにこのパスワード機能が重宝される。

パスワードはWWAのバージョンによって構成が異なる。

名前 パスワードの構成 長さ
Java版 AからはじめZで終わるアルファベット 長い
WWA Wing v3.4.2以前 アルファベットと数字、記号で構成 長い
WWA Wing v3.5.0以降 アルファベットと数字、記号で構成 短い

パスワードセーブの方法 編集

$save マクロで Quick Save が禁止されている場合は利用することができない。

  1. Quick Save ボタンを押す
  2. No を選ぶ
  3. データ復帰用のパスワードを表示しますか? のメッセージで Yes を選ぶ
  4. 表示されるパスワードをコピーし、テキストファイルやWebサービスに保存する

F4 キーを押すと、 3. の手順までアクセスすることができる。

パスワードロードの方法 編集

  1. Password ボタンを押す
  2. データ復帰用のパスワードを入力しますか? のメッセージで Yes を選ぶ
  3. 表示されるパスワードの入力欄に記録したパスワードを貼り付け、OK ボタンを選ぶ

F3 キーを押すと、 2. の手順までアクセスすることができる。

また、 Password ボタンではなく Quick Load ボタンとなっている場合は、Quick Load で表示されるメッセージで No を選ぶことで 2. の手順までアクセスすることができる。

制約について 編集

WWAゲームのマップデータファイルが更新されると、更新前に記録したパスワードセーブは利用することができない。

これは、WWAゲームの不具合を防ぐ目的となっているが、セリフの修正を行っただけでもマップデータファイルの更新と扱われるため、記録したパスワードセーブは無効になってしまう。

ただし、 PLiCy で搭載されている WWA Wing では、ゲームのアップデート後でも、アップデート前のパスワードを利用することが可能になっている。もちろん、以前のセーブデータで不具合が発生しそうな場合には、アップデート時に以前のパスワードの利用の可否を指定することができる。

関連項目 編集

WWAの機能
操作パネル - ステータス - アイテムボックス - Quick Save - Quick Load - パスワード - Restart Game - GoTo WWA - 物体パーツ - 背景パーツ - マクロ文 - サウンド番号 - 動作属性 - バックアップ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。