Fandom


バックアップ とは、WWAマップ作成ツールの機能の一つ。

概要 編集

マップデータの保存時に、指定されたフォルダにコピーする機能となっている。

WWAマップ作成ツールでは「このフォルダについて.txt」という名称で説明が含まれている。

"マップデータのあるフォルダに「backup」というフォルダを作成しておくと、 時間毎にマップデータのバックアップデータがフォルダ内に作成されます。 (1つのマップデータにつき最大24個) なんらかの原因でマップデータが壊れてしまった場合などは このフォルダにあるマップデータを使って復帰してみてください。"

扱い方 編集

backup という名前のフォルダをマップデータのあるフォルダに作成すると、バックアップ機能が有効になる。

WWAMk HowToWorkBackup

上書き保存時のバックアップ機能の動作を表した図

あとは、マップデータを上書き保存するだけで、上書き保存したマップデータファイルそのままが、今の日時の時間のファイル名を付けて backup フォルダに作成される。

例えば右図のように「wwamap.dat」を12時で上書き保存した場合、上書き保存した wwamap.dat が backup フォルダに「wwamap.dat12.dat」というファイル名でコピーされる。

用途 編集

主に下記の現象に出くわした場合に、バックアップ機能は有効である。

  • 編集ミスにより、Undoを利用しても戻せない程復元できない場合
  • 暗証番号を忘れた場合
  • 作成ツールの不具合で、マップデータが破損してしまった場合

制限について 編集

  • 1時間毎にファイルを分けて保存するため、下記の制限が存在する
    • ある1時間で複数上書き保存したマップデータに対しては、一番最後に保存したマップデータがバックアップされる
    • 1つのマップデータにつき、最大24個保存される
  • バックアップされるのはマップデータファイルのみで、画像ファイルはバックアップされない
WWAの機能
操作パネル - ステータス - アイテムボックス - Quick Save - Quick Load - パスワード - Restart Game - GoTo WWA - 物体パーツ - 背景パーツ - マクロ文 - サウンド番号 - 動作属性 - バックアップ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。