Fandom


クラシックモード とは、WWA Wing の機能の一つ。WWA Wing の見た目や動作をJava版のWWAに近付けることができる。

概要 編集

Wwamap with classic mode

クラシックモードが適用された WWA Wing の画面。

WWA Wing はJava版のWWAの互換性を確保する目的で、メッセージやサイドバーのデザインをJava版と同じにしているが、微妙に異なる箇所がいくつか存在する。

Java版 WWA Wing
メッセージの文字サイズ 18px 16px
メッセージの1行の文字数 16文字 20文字前後
サイドバーの文字サイズ 18px か 16px 16px
文字の書体 固定幅 等幅
文字の影 なし あり

クラシックモードは、この差異を吸収するために用意された機能である。

見た目に限らず、以下の挙動をクラシックモードでは変更される。

  • メッセージ表示中のキャラクターの動き ... Java版では止まるが、 WWA Wing では動く。
  • メッセージの句読点の扱い ... Java版では文字数をオーバーした句読点をこのまま末尾に詰める。 WWA Wing はブラウザの禁則処理によって処理される。

対応しているバージョン編集

WWA Wing ver 3.1.6 以降であれば利用することができる。

ただし、 PLiCy の WWA Wing には対応していない[要調査]

適用方法編集

WWA Wing のHTMLファイルを編集することでクラシックモードが適用される。

HTML ファイルをテキストエディタで開き、 <div id="wwa-wrapper" ... > の要素の中を、以下のように追加する。

<div id="wwa-wrapper" class="wwa-size-box"
    data-wwa-mapdata="wwamap.dat"
    data-wwa-loader="wwaload.js"
    data-wwa-urlgate-enable="true"
    data-wwa-classic-mode-enable="true"> ← ここ
</div>

data-wwa-classic-mode-enable="true" を追加することで、クラシックモードで動作するように WWA Wing に設定が与えられる。

次に、 <head> ... </head> の要素の中にある

<link rel="stylesheet" href="wwa.css" type="text/css" />

を、以下のように変更する。

<link rel="stylesheet" href="wwa_classic.css" type="text/css" />

wwa.css を wwa_classic.css に変更することで、 WWA Wing で動作しているCSSを、クラシックモード専用のCSSに差し替えられる。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。